エコキュートの交換費用はどれくらい?費用をおさえるポイントも紹介!

エコキュートの交換費用はどれくらい?費用をおさえるポイントも紹介!

エコキュートの導入を検討しているけれど、気になるのはその費用ですよね。

今回の記事では、エコキュートの交換費用について、給湯設備別の目安や費用に影響するポイント、費用を抑えるコツまで詳しく解説します!

ぜひ最後まで読んで、エコキュート交換費用に関する疑問を解消しましょう!

給湯設備別のエコキュート交換費用の目安

エコキュートの交換費用は、交換前の給湯設備の種類によって大きく異なります。それぞれのケースについて詳しく見ていきましょう。

ガス給湯器からエコキュートへの交換

ガス給湯器からエコキュートへの交換は、最も費用がかかるケースです。一般的な費用相場は以下の通りです。

ガス給湯器からエコキュート
  • 工事費用込みの目安:50~100万円
  • 費用の内訳
    • エコキュート本体の費用: 30~60万円
    • 取り付け工事費用: 20~40万円

ガス給湯器からエコキュートに交換する際には、ガス配管の撤去や新しい電気配管の設置が必要になります。これにより、工事費用が高くなる傾向があります。また、既存のガス給湯器の撤去費用も加算されるため、トータルの費用が増加します。

電気温水器からエコキュートへの交換

電気温水器からエコキュートへの交換は、比較的スムーズに行え、費用も抑えられるケースです。一般的な費用相場は以下の通りです。

電気温水器からエコキュート
  • 工事費用込みの目安:40~80万円
  • 費用の内訳
    • エコキュート本体の費用: 30~60万円
    • 取り付け工事費用: 10~20万円

電気温水器とエコキュートは同じ電気式の給湯システムであるため、既存の配管をそのまま利用できる場合が多いです。このため、配管の変更や新たな設置工事が少なく、工事費用が抑えられます。

エコキュートからエコキュートへの交換

既存のエコキュートを新しいエコキュートに交換する場合、最も簡単で費用も比較的安価です。一般的な費用相場は以下の通りです。

エコキュートからエコキュート
  • 工事費用込みの目安:30~70万円
  • 費用の内訳
    • エコキュート本体の費用: 30~60万円
    • 取り付け工事費用: 5~10万円

同じタイプのエコキュートへの交換では、既存の配管や設置場所をそのまま利用できるため、工事が簡略化されます。これにより、工事費用が低く抑えられます。

エコキュートの交換費用はなにで決まる?

エコキュートの交換費用は、いくつかの要因によって決まります。ここでは、一般的な交換費用の内訳と、価格差が出るポイントについて詳しく説明します。

エコキュートの交換費用の内訳

エコキュートの交換費用は、主に以下の項目で構成されているのが一般的です。

エコキュート本体費用

エコキュート本体の費用です。選ぶ機種やモデルによって価格が大きく異なります。一般的には30~60万円程度が相場ですが、高性能なモデルや最新機種はこれ以上の価格になることもあります。

標準工事費

エコキュートの設置にかかる工事費用です。工事の内容や設置条件によって異なりますが、一般的には10~40万円程度です。ガス給湯器からの交換や、配管の変更が必要な場合は、工事費が高くなることがあります。

保証

保証費用は、メーカーや業者によって異なります。多くの場合、標準の保証期間は1年~5年ですが、追加料金を支払うことで延長保証を付けることができます。延長保証を付けることで、長期的な安心感が得られます。

エコキュートの交換で価格差が出るポイント

エコキュートの交換費用において、価格差が出る主なポイントは以下の通りです。

快適機能・省エネ機能の違いによる価格差

エコキュートには、さまざまな快適機能や省エネ機能が搭載されたモデルがあります。例えば、リモコンでの温度調整機能や、スマートフォンと連携して遠隔操作ができる機能などが挙げられます。また、省エネ性能が高いモデルは、初期費用が高くても、ランニングコストが低く抑えられるため、長期的に見るとお得になることがあります。

給湯タイプの違いによる価格差

エコキュートには、さまざまな給湯タイプがあります。例えば、「フルオートタイプ」「セミオートタイプ」「手動タイプ」などがあり、それぞれの機能に応じて価格が異なります。フルオートタイプは、自動でお湯張りや保温ができるため便利ですが、その分価格も高くなります。

タンク容量の違いによる価格差

エコキュートのタンク容量は、家庭の人数や使用状況に応じて選ぶことができます。一般的には、370リットル、460リットル、550リットルなどの容量があります。タンク容量が大きいほど、本体価格が高くなる傾向にあります。家庭の使用状況を考慮して、適切な容量を選ぶことが重要です。

寒冷地仕様による価格差

寒冷地仕様と一般地仕様のエコキュートの主な違いは、凍結防止対策・対応可能な外気温・対象地域の3点です。凍結防止対策は一般地仕様のエコキュートにも搭載されていますが、寒冷地仕様の場合は、貯湯ユニットに凍結防止ヒーターが内蔵され、追加の対策が施されています。

エコキュートの交換費用をおさえるポイント

エコキュートの交換費用を抑えるためにも、以下のポイントを確認しましょう。

家族構成や生活環境にあったエコキュートを選ぶ

エコキュートは、タンクの容量や、給湯タイプ、機能の性能によっても価格帯が異なります。エコキュートを選ぶ際には、家族の人数や生活環境にあった適切な容量や機能を選ぶことが重要です。

ただし、エコキュートの選定には専門的な知識も必要です。設置工事のことも視野に入れ、給湯設備の専門業者に相談し、自分の生活環境に最適なエコキュートを選びましょう。

補助金制度の活用

エコキュートの交換費用を抑えるためには、自治体や国が提供する補助金制度を活用することが有効です。多くの自治体では、省エネ設備の導入を促進するために補助金を提供しています。補助金を活用することで、交換費用の一部を補填することができ、費用を大幅に抑えることができます。

北海道でエコキュートの買い替えなら「Amatellus アマテラス」におまかせください!

北海道でエコキュートの買い替えなら「Amatellus(アマテラス)」におまかせください!

北海道札幌市で創業20年の⼤真エンジニアリング㈱が運営する住宅設備総合サイト「Amatellus(アマテラス)」は、住宅設備機器の販売から設置⼯事を中心にお受けする住宅設備総合サイトです。

エコキュートの販売から搬入・設置まで、資格を有した住まいのプロがワンストップで行い、国が実施する補助金制度「給湯省エネ事業」対応のエコキュートも取り揃えております!
北海道の設置工事の対応エリアも全道各地に拡大中!各主要メーカーのエコキュートもお取り寄せ可能です!

エコキュートをみてみる

お住まいの設備や環境にお困りの際は、お気軽にご相談、ご依頼ください。